立派な技術者である前にまず立派な人間であれ

創業から28年、業種業務システムの開発やインターネットを使ったマーケティングの提案やコンピューター情報通信ネットワークの構築、OA機器のシステム統合を通して山形を拠点に、地域や企業の課題に取り組んできました。この業界は東京一極集中型で、技術革新のスピードが非常に速いわけですが、地元に根差しつつ勝ち残ってきた理由に、他のIT企業とは一線を画したポリシーがあります。

それは、「下請けはしない」「社員を出向させない」の二つです。地方でIT関連の仕事を受注する場合、そのほとんどは首都圏を中心にした大手企業やメーカーからの下請けに頼らざるを得ない状況にありますが、我社は人とのつながりの中で、クライアントの顔が見えるアナログ的発想を大事にしてきました。私どもを必要としてくれる企業があれば行政、流通、製造、建設と、あるゆる業種に対応すべくどこへでも出向きます。

弊社は親会社を持たない、メーカーに依存しない完全独立系なので、自分達の力で全部切り開いていかなければならないという緊張感が常にありますので現状維持は衰退と同じこと意味します。その思いが全国展開にも繋がっていったのです。

「留まることなく、常に成長発展を続けていかなくてはならない。それが経営者の使命だ」『小さくともキラリと光る会社』を目指す。」

我が社の考え方はこの部分に立脚します。また、弊社は「朝からラジオ体操や朝礼を毎日しているIT企業です。どちらかというと、ドライな考え方が求められるITの世界。だからこそ、ウエットな人と人との繋がりを大切にした真逆の会社をつくろうと考えました。IT業界は、人と人とがコミュニケーションを取りながら仕事をするという印象が薄いと思いますが、弊社は〝みんなで事を成す〞ことを大切にしています。確かにIT業界は、テレワークス、フレックスタイムを活用した最先端の働き方を取り入れ、成果重視を目指している企業が一般的かもしれませんが、IT企業であっても人間関係を構築したうえで、協調性や連帯感を大切にした働き方を貫いていきたいと思っています。

立派な技術者である前に、社会人として企業人としての人間力を高めていくことが基本だというポリシーは揺るぐことはありません。モットーは『明るく、元気で、積極的に』。「ネガティブで元気がなく消極的な企業が成功したという話は聞いたことがありません。採用のポイントは、ただ一つ、「人に好かれていそうかどうか」。どんな仕事でも言えるのは、成績よりも人間力が大事だということです。

新入社員を採用することは、社内の仕事環境や雰気、人間関係を見直すきっかけにもなりますし、何よりも若い人達の価値観や考え方を理解しなければといけないと思っています。〝変えてはいけない部分は残し、変えるべきところは変えていく〞という柔軟なスタンスが企業成長に繋がっている弊社のこのような考え方に共鳴していただける方こそ我社の求める人材なのです。

人間力教育

  • ビジネススキルパワーアップ研修(年2回)
  • 座禅体験研修(年4回)
  • 掃除体験に学ぶ研修(年3回)
  • 企業倫理・人間道徳研修(随時)
  • 各種DVD視聴研修(随時)
  • 外部講師による情操教育・研修(年1回)
  • 朝礼・ラジオ体操基本研修(随時)

仕事力教育

基礎力養成型

  • 新入社員基本研修
  • 新入社員フォローアップ研修
  • 基本情報技術者研修
  • IT-Instructor技術研修
  • Customer-Engineer技術研修
  • Web-Design能力基本研修
  • 営業基本・商品知識養成研修
  • 職種別On-the-Job Training
  • 各メーカーによる基本技術研修
  • その他職種別off-the-job training

 

応用力養成型

  • Network-specialist養成研修
  • Data base-specialist養成研修
  • 情報セキュリティマネジメト研修
  • 応用情報技術者養成研修
  • ORACLE-MASTER研修
  • Microsoft認定資格者養成研修
  • Network高度技術者研修
  • Cloud system開発者養成研修
  • 営業スキルアップ研修
  • マネジメト力養成研修